納めの観音….?

2017年12月18日(月)更新

今日は確か大安だったよな~と思いながらカレンダーを見ると 「納めの観音」 と表記されていて何のこっちゃと思い、調べてみると 観音様の縁日 でこの日にお寺に参詣すると特別大きな功徳があるとされていたらしいです。今年最後の18日なので納めの観音ということだそうです。神社でなく観音様を祭ってあるお寺に行くことです。ほかの仏様を祭って居るところへ行っても効果はないんじゃないかな と思う反面 でも違うお寺でも足を運んでくれれば仏様もうれしいと思うけど…。

今年最後の18日と年の暮れが迫ってきているので正月用の準備がこのころから始まり、正月の縁起物を売る露店が軒を連ねて、参道に店を出すので買い物をしたらしいですね。その代表格なのが女の子が生まれたお家に羽子板をプレゼントする風習です。羽子板でつく「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ているところから、女の子に「悪い虫がつかない」とゴロを合わせて縁起を担いでいることらしいです。さらに 羽根の「豆:むくろじ」の部分から「魔滅:まめ」に見立てて魔除けになる。あるいは「マメに暮らせる」などとも縁起を担いでのことだそうです。

今月はまだまだ納めの○○がありますよ。


GB20
GD22 GN08 GP18 GC18